delicious space +

Food diary from Manchester, Great Britain
新じゃがとキャベツとクランベリー
-dried cranberries cooked with new potatoes, cabbage and bacon-

三日連続で更新中。ネタはあるのです。
b0088058_4574386.jpg

少し前にレーズンを入れたカレーで味をしめ、ドライフルーツを料理に使うのがただ今の「マイブーム」であります。写真ではちょっと乾いた感じになっちゃってますが、こちら煮物です。

使った材料:新じゃが、スモークベーコン、キャベツ、ドライクランベリー、昆布と椎茸のダシ、塩

軽く蒸し煮したじゃがいもをダシとその他の具材で煮ただけの一品。このメニューでは甘味より酸味が欲しかったので、クランベリーを使いました。ベーコンの旨味がこの酸味に合うのです。

さて、話変わって、女性に生まれたら、やはり多少なりとも「可愛気」があった方が良いのではないかと私は思います。なぜ、急にこんな話題かというと、今日のお昼に前出の台湾人の同僚とランチに出ました。彼女はよく言えば個性的なのですが、悪く言うと攻撃的なタイプです。あー言えばこういうタイプ。自国ではトップクラスの大学を出たとかでプライドもかなり高め。年初めの移動で、私の上司役から、余所のチームに入り、今は部下無しどころか新入りのポジション。そんな状態も面白くないらしく、愚痴をこぼし、その内容も、私がやりたいように仕事が出来ない、何事にも決定権がないとか。早い話が、それまでは、「私」という威張れる相手がいたのが、それがなくなって面白くないということらしい。まあ、そういうことをその対象であった人物に話して、その人がどう思うとか考えない模様。そんなだったので、私としては、彼女の移動でストレスが減ったわけです。そんな彼女と話をしていていつも思うのは、やはり多少なりとも可愛気のある物言いをした方が何事も潤滑、穏便に運ぶんじゃないのかなぁと。去年の後半、彼女は体調があまり良くなく、仕事に集中出来ず、私に命令する割にはさっぱり自分の仕事を上げていませんでした。そのため、年初めの査定の評価が非常に悪かったとか。私としては、その態度が悪かったから、査定に響いたんじゃないかとこっそり思っています。「体調悪くて仕事に集中出来ないからしょうがないじゃん」と食いつくより、「仕事の進みが悪く、迷惑かけてすみません」という姿勢だったら、少しは違ったんじゃないかなぁ。そんな彼女、今日も「ボーイフレンドがほしい」、「結婚したい」といい、「いい人知らない?」とか、「アドバイスない?」とか尋ねてくるわけで、なかなか痛いのであります。

これを機会に自分の行動、態度も改めたいね。

 
↑レシピもアップしてないのに厚かましく参加中。バナーをクリックしていただくとレシピブログでのランキングがアップする仕組みです。
[PR]
by deliciousspace | 2009-04-23 05:52 | 野菜系
<< スエーデンカブのスープ クスクスの応用 >>


by deliciousspace
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧