delicious space +

Food diary from Manchester, Great Britain
冬のグラタン - チーズについて
-winter gratin with leeks, Chinese cabbage and potatoes-

冬はこってりしたものが食べたくなります。
b0088058_7513198.jpg

写真のグラタンには刻んだ白菜、ネギ、さいの目切りのじゃがいも、スウィードのおろしなどが入っています。具を少ない水で火を通し、豆乳のホワイトソースを和えて塩で味付け。この際、ソースに融けるチーズあえてコクを出してます。耐熱容器に盛り上にチーズをパラッとかけてオーブンで焦げ目をつけて出来上がり。具はなんでも大丈夫でした。別の日に一般的なカブ、芽キャベツなどでも作ったものもなかなか美味しかったです。



チーズについて

牛乳もヨーグルトもクリームもあまり好んで食べないのだが、チーズは好き。日本に暮らすころはそれほどチーズに対する思いは強くなかったのだけれど、こちらに来てから、じわじわとお互いの距離を縮めている私とチーズ。その理由の一つは、島国といえども、イギリスはヨーロッパの一部、ヨーロッパ各地のチーズが手軽に手に入る。スーパーやデリのチーズ売り場が広く、好奇心をそそり、物色しがいがある。国内でのチーズ作りも盛んなので、ファームハウスやマーケットなどでローカルチーズを試食、購入するのもまた楽しい。そして、お気に入りのチーズや料理別に合うもしくは使えるチーズなど見つけていくのもこれまた楽しい。前述、調味料売り場にたむろしている話をだしたが、チーズ売り場にもかなり長居する。

最近ハマっているのは、チーズの合わせ技。写真のグラタンでは、具にデンマークのHavartiチーズ(スイスのGruyereチーズに近い)を、トッピングはイギリスおなじみのチェダー(マチュアタイプ)を使った。味わい、質感が違うので一つの料理も二度美味しい感じ。チーズは種類がたくさんあって覚えきれないので、「食べたらメモ」と思いつつ、つい無精、この辺を改めて、ずばりチーズの探求をはじめたいと思うこの頃(嘘)。ちなみに、写真のグラタンでは、豆乳を使っているのは、乳製品のクリームだと重くなりすぎるからである。チーズは好きだけれど、冒頭でも触れたが乳製品のオンパレードは苦手。それと、夫に言わせると私のチーズの使い方はケチくさいらしい。正確にいうと私は、「チーズを少しずつ食べるのが好き」なのだそう。

このブログを読んでくれているお友達に、なんでも食べられるが「チーズはダメ」という方がいる。ごめん、今日はチーズを話題にしました。
[PR]
by deliciousspace | 2010-01-18 09:05 | 野菜系
<< かぼちゃ焼きのバルサミコ酢かけ... 白菜とナッツのサラダ - 私と調味料 >>


by deliciousspace
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧