delicious space +

Food diary from Manchester, Great Britain
<   2009年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
黒米でおはぎ
-Japanese style confectionery-

昨日、隣の家に泥棒が入りました。
b0088058_7564392.jpg

写真と冒頭の文章が噛み合いませんね…。

昨日、夕方仕事から帰ってくると、アパートの駐車場に警察車両…。また、だれか近所迷惑でも起こして、おまわりさんでも来ているのかなと思いきや、どうもおまわりさんはうちの隣の部屋で何やら事情聴取をしているようなのです。(ドア越しに聞こえた)しばらくすると、コンコンとドアのノックがして、隣に住んでいる若い男性とおまわりさんが登場、「実は〜」と説明があり、泥棒の手口など教えてくれました。ドアの鍵をまるごと取り外して入ったとのこと。DVDやプレイステーションなど小物が盗まれたとか。でも…、いろいろな疑問が…。1階の共通の基本的にオートロック(締まりが悪い)ドアは開いていたのか?1ブロックに6世帯、なぜに最上階のうちの隣の部屋が狙われたのか?さらに、全部で42世帯ある大きな集合住宅なのに、何故、その部屋だったのか…。ちなみにうちのブロックの6世帯はみんな同じ形状の鍵…。

3階だから泥棒の心配はないと思っていた夫は小パニック状態。あわてて追加の鍵を設置しなければとあちこちに電話をかけて見積もりを取り始めました。実は、我々、明日から短い休暇を入れてまして、家を空ける予定でした。でも、こんなことがあったので、まずは防犯対策をとなり、明日朝一に鍵屋が来ることに…。

さて、写真は週末に作ったおはぎ。ちょっと前に、中華街で良さそうな黒米を見つけ、白米と混ぜて炊いたら、ごはんがびっくりするほど真っ黒になったことからヒントを得て、色的におはぎに使えるなと。中身はもちろん、あんこです。久々に作ったあんこは、手間がかかったけれど、美味しゅうございました。黄色い粉はきなこです。

 
↑レシピもアップしてないのに厚かましく参加中。バナーをクリックしていただくとレシピブログでのランキングがアップする仕組みです。
[PR]
by deliciousspace | 2009-04-29 08:20 | デザート系
アボカド納豆韓国風味
-avocado and natto with Korean flavours-

夫が留守の時の楽しみ。
b0088058_7422777.jpg

先週、夫が出張で二晩留守にしていました。そんなこともあり、立て続けに更新をしていました。夫が留守だとなぜか夜が長く感じるのは私だけ?

なんでも食べる「頑張っている」イギリス人の夫ですが、納豆はダメ。臭いもビジュアルもダメ。そんなこともあり、普段、納豆は食べません。納豆は私の秘密食です。

今日の一品は納豆、アボカド、韓国のり、ネギをコチュジャン、醤油、ごま油などで作ったタレで和えた物。ごはんに乗せていただきました。(ちなみにごはんは玄米使用)

 
↑レシピもアップしてないのに厚かましく参加中。バナーをクリックしていただくとレシピブログでのランキングがアップする仕組みです。
[PR]
by deliciousspace | 2009-04-28 23:40 | ごはん系
ダイエットメニュー
-sesame flavor soup with leek and starch noodles-

不味そうですが、そうでもないのです。
b0088058_5473296.jpg

去年の終わり3ヶ月はダイエットに燃えていました。その間、どんなものを食べていたのかというと、豆腐、豆、海藻、きのこ、野菜、卵をメインとしたメニュー。手っ取り早かったのは水炊きや鍋。夫は肉や魚を食べられるし、私は前出の素材を食べればよいので、好都合。他にはスープを良く作りました。今日の一品はそれらダイエットメニューの応用編です。

きのことワカメを水から煮始めダシを取りつつ、具としても使い、ゴマペーストと醤油、コチュジャンで味付け。ネギと水で戻した春雨を入れて、ひと煮立ち、最後にポーチドエッグとおろし生姜を添え、ごまをふって出来上がり。ボリューム満点。ダイエット中は春雨ではなく、豆腐を。味付けはゴマペースとなしで醤油で頂いてました。

さて、ここ数日は、例の逮捕で持ち切りでしたね。仕事で日本のサイトをよく使うのですが、どこのニュースサイトへ行ってもその話題。あまりの騒ぎように、逮捕云々より、「草なぎくんってすごい人だったんだぁ」とそっちに関心が行ってしまいました。例の台湾人の同僚は、日本の芸能情報好きで、さっそく、「ニュース見た?」とやってきました。彼女はお酒を全く飲まないので、「お酒を飲む人は理解出来ない」的否定派。お酒で数々の失態、失敗を犯してきた私は、はっきり言って同情派。ストレスが溜まっていたりしたときは、簡単に呑まれたなぁ。今でこそ、酒量が減り、酩酊するまで飲めないこともあり、更生したものの。でも、草なぎ君、同い年なんですよね。そろそろ、格好良くお酒を飲めるようにならないとね。歳取ったベロベロの酔っぱらいは、タチが悪い。

全裸で思い出したのですが、従姉が社員旅行に行った際、宴会の最後は全裸男続出でカラオケだったって言ってたなぁ…。全裸と犯罪の基準いろいろです。

地デジなどの広告関係の影響も相当だとか、ニュースに出てましたね。ちなみにイギリスでも地デジ普及作戦始まってます。イメージキャラクターもちゃんといます。でも、イギリスの地デジくん、3Dキャラクターなんです。

b0088058_6123465.jpgかわいいキャラで、相方のお兄さんとヴァンに乗って、地デジ普及活動しています。親しみやすい印象というのは、日本のイメージキャラクターと同じコンセプト。でも、酔っぱらって叫んだりは、しないだろうな。それに既に全裸だし。その辺の問題もないし。かなり信頼度高いかも。こちらでその地デジ君のテレビCM観られます。

 
↑レシピもアップしてないのに厚かましく参加中。バナーをクリックしていただくとレシピブログでのランキングがアップする仕組みです。
[PR]
by deliciousspace | 2009-04-25 06:27 | 麺・パスタ系
スエーデンカブのスープ
-swede soup-

張り切って更新しております。
b0088058_5284073.jpg

個人的にはあまり好きではないスイードswede、和名スエーデンカブ。ちなみにアメリカ英語だとルタバガrutabagaと言うんだとか。例の野菜ボックスに入ってくるので、やむなく食べてます。調べてみると、このスエーデンカブは日本も明治時代に導入されたそう。しかし、すでにあるカブ類が美味しかったため、普及しなかったらしい。わかるわかるその気持ち。日本のカブの味を知っていたら、食べる気起こらない。思うに、冬場よく登場したセレリアックなんかも、この類いじゃないかと。さして美味しくないから日本では普及しない野菜。もし、これらの野菜が美味しかったら、美味しいもの好きの日本人が、導入しない分けないもんなぁ。

さて、そんなスエーデンカブなので、どう食べようか困るのだが、今のところ、スープが一番いただけると分かってきたところです。マッシュにして付け合わせにするというのがイギリスでの一般的な食べられ方なのですが、日頃、あまり肉や魚が並ばない当家の食卓には、付け合わせる品がありません。また、マッシュすると水っぽく、あんまり舌触りが良くないこともあり、水っぽいならば水に入れてしまえと至ったわけなのです。

写真のスープは、玉ねぎ、スモークベーコン、スエーデンカブを細かく切って炒め、ベイリーフと一緒に静かにゆっくり煮込んだスープです。長く煮ると甘味が出ます。味付けは塩のみ。野菜やベーコンからダシが出るので、特別なダシいらず。グリーンピースは長く煮ると色が悪くなるので仕上げの段階で投入。仕上げに青ネギをパラリ。ポイントはスエーデンカブを細かく切ることかと。このカブ、歯触りが今ひとつなのです。細かく切ることによる食感ごまかし作戦を実施しています。

 
↑レシピもアップしてないのに厚かましく参加中。バナーをクリックしていただくとレシピブログでのランキングがアップする仕組みです。
[PR]
by deliciousspace | 2009-04-24 06:00
新じゃがとキャベツとクランベリー
-dried cranberries cooked with new potatoes, cabbage and bacon-

三日連続で更新中。ネタはあるのです。
b0088058_4574386.jpg

少し前にレーズンを入れたカレーで味をしめ、ドライフルーツを料理に使うのがただ今の「マイブーム」であります。写真ではちょっと乾いた感じになっちゃってますが、こちら煮物です。

使った材料:新じゃが、スモークベーコン、キャベツ、ドライクランベリー、昆布と椎茸のダシ、塩

軽く蒸し煮したじゃがいもをダシとその他の具材で煮ただけの一品。このメニューでは甘味より酸味が欲しかったので、クランベリーを使いました。ベーコンの旨味がこの酸味に合うのです。

さて、話変わって、女性に生まれたら、やはり多少なりとも「可愛気」があった方が良いのではないかと私は思います。なぜ、急にこんな話題かというと、今日のお昼に前出の台湾人の同僚とランチに出ました。彼女はよく言えば個性的なのですが、悪く言うと攻撃的なタイプです。あー言えばこういうタイプ。自国ではトップクラスの大学を出たとかでプライドもかなり高め。年初めの移動で、私の上司役から、余所のチームに入り、今は部下無しどころか新入りのポジション。そんな状態も面白くないらしく、愚痴をこぼし、その内容も、私がやりたいように仕事が出来ない、何事にも決定権がないとか。早い話が、それまでは、「私」という威張れる相手がいたのが、それがなくなって面白くないということらしい。まあ、そういうことをその対象であった人物に話して、その人がどう思うとか考えない模様。そんなだったので、私としては、彼女の移動でストレスが減ったわけです。そんな彼女と話をしていていつも思うのは、やはり多少なりとも可愛気のある物言いをした方が何事も潤滑、穏便に運ぶんじゃないのかなぁと。去年の後半、彼女は体調があまり良くなく、仕事に集中出来ず、私に命令する割にはさっぱり自分の仕事を上げていませんでした。そのため、年初めの査定の評価が非常に悪かったとか。私としては、その態度が悪かったから、査定に響いたんじゃないかとこっそり思っています。「体調悪くて仕事に集中出来ないからしょうがないじゃん」と食いつくより、「仕事の進みが悪く、迷惑かけてすみません」という姿勢だったら、少しは違ったんじゃないかなぁ。そんな彼女、今日も「ボーイフレンドがほしい」、「結婚したい」といい、「いい人知らない?」とか、「アドバイスない?」とか尋ねてくるわけで、なかなか痛いのであります。

これを機会に自分の行動、態度も改めたいね。

 
↑レシピもアップしてないのに厚かましく参加中。バナーをクリックしていただくとレシピブログでのランキングがアップする仕組みです。
[PR]
by deliciousspace | 2009-04-23 05:52 | 野菜系
クスクスの応用
-celery with couscous-

クスクスを和え衣に。
b0088058_6282353.jpg

日本にいる頃はクスクスについてあまり考えたことはありませんでしたが、今では、戸棚に常備されている「使える素材」の一つです。急ぎの時、すぐにごはんの代用として使えるのがこのクスクス。お湯やストックで戻すだけ。五分もあれば完了です。私は鉄鍋でごはんを炊いています。タイマー予約とか、早炊きとかそういうことは出来ません。そんなこともあり、この早業がきくクスクスの活躍の場多し。本日はそのクスクスをおかずに応用。セロリの甘辛炒め煮に加えてしっとりとした和え衣としてみました。使えます。

さて、実はただ今、自宅リビングの改装をしています。先週は、義父がその手伝いに訪ねてきてくれ、パソコンのある部屋に泊まり込み。そのため、ブログの更新をしませんでした。まあ、改装と言っても、壁紙を替えるだけなのですが、これが思ったより厄介。なにせ、DIYド素人の我々夫婦なので無理もない。壁紙張り替え経験者のお義父さんが数日手伝ってくれたものの、いろいろ手こずりリビング半分しか完了出来ず、残り半分はボロ屋のたたずまい。どうしましょう。しばらく週末は素人DIY大会です。

 
↑レシピもアップしてないのに厚かましく参加中。バナーをクリックしていただくとレシピブログでのランキングがアップする仕組みです。
[PR]
by deliciousspace | 2009-04-22 07:01 | 野菜系
ナスのトマトスパゲティ 味噌仕立て
-miso flavour tomato sauce spaghetti with aubergine-

ナスは、トマトと味噌の共通の友達で、味噌は和風ダシと気が合い、トマトはスパゲティと古い親友。
b0088058_7153612.jpg

こちらのトマトソースは椎茸と昆布のダシをきかせ、味噌(豆味噌)で味を付けました。具は、米ナス(イギリスで手に入りやすいのが米ナスタイプ。皮が硬めなので、軽くトリミングして使ってます)、赤ピーマン、玉ねぎ、椎茸(ダシに使ったもの)、鷹の爪(お好み)、ニンニク。ずばり、美味しゅうございます。スパゲティはソースをしっかり絡めてから盛りつけるのが私の好み。

写真の背景、葬式みたい…。

 
↑レシピもアップしてないのに厚かましく参加中。バナーをクリックしていただくとレシピブログでのランキングがアップする仕組みです。
[PR]
by deliciousspace | 2009-04-21 07:29 | 麺・パスタ系
先週の話
-easter 2009-

更新が遅れています。先週末はイースターで4連休でした。
b0088058_1948530.jpg

連休はマンチェスターから車で北へ1時間ほどのところにある街リーズLeedsへ出かけました。会社の同僚などには「何故にリーズ?」と不思議がられましたが…。リーズとマンチェスターはイギリス国内の都市で、サイズや町並みなど比較的似たポジションにあります。マンチェスターに住んでいると、これという用事がない限り、「今日はリーズに行ってみよう!」という選択肢はありません。で、何故にリーズになったかかというと。前から行ってみたいなと思っていたレストランがあったからなのです。連休と私の誕生日と重なったこともあり、誕生日ディナーをそのレストランで取ることにしました。

そのレストランとはイングランド北西部出身のシェフアントニー・フリンAnthony Flinnが2004年にオープンしたレストラン、Anthony'sです。このシェフは、20代半ばにして、このレストランをオープンさせ、今では、ブラッサリー、カフェスタイルレストラン(PIAZZA)、パティスリーとリーズ市街地に4店舗持っています。我々は、カフェスタイルレストランでランチを、夜はレストランでディナーを頂きました。

カフェスタイルレストラン内の様子。
b0088058_2045598.jpg

そして、その天井。この建物は昔の穀物取引所だとか。
b0088058_20493027.jpg

レストランの外観。1階はバーで、地下がレストラン。
b0088058_20472428.jpg


味に集中出来なくなるので食事の写真は撮りませんでした。

ちなみに、アントニーは、過去にスペインの三ツ星レストランエルブリEl Bulliで修行しています。エルブリと言えば、化学的な要素も考慮した非常にクリエイティヴな料理で何度も「世界一のレストラン」に選ばれています。アントニーの料理もその影響が出ていて、ちょっと変わった素材の組み合わせ、盛り付けなども、繊細な感じです。そして、サービス内容、味、値段共に妥当な範囲。夫は大満足の様子。私も満足でしたが、「一皿を構成する要素が多過ぎて味の混乱を招く」という感想付き。普段、質素な物ばかり食べているから、複雑なものが、いろいろ一緒に出て来られるとたじろいじゃう私。

リーズネタは、まだまだありますが、今日はこの辺まで。

 
↑レシピもアップしてないのに厚かましく参加中。バナーをクリックしていただくとレシピブログでのランキングがアップする仕組みです。
[PR]
by deliciousspace | 2009-04-18 21:37
無題
今週は諸事情により更新できずにいます。元気です。すみません。
[PR]
by deliciousspace | 2009-04-16 22:45
ロースト野菜のスパゲティ
-spaghetti with roasted aubergine and onions-

ナスと油は友達。
b0088058_5214035.jpg

見た目、いまいちですが、味はかなり私好みのお気に入りの一品。オリーブオイルをかけて、25分ぐらいオーブンでローストした玉ねぎとナスに(途中、一度かき混ぜて、野菜の向きを変える)、だし汁、レモン汁、醤油で作ったタレを和えたものをスパゲッティのソースに仕立てました。ロースト野菜とこのタレの組み合わせは、私の定番ですが、スパゲッティと合わせたのはまだ登場していなかったかと。ちなみにスパゲッティは全粒粉タイプを使っているので、色が濃く見えます。

最近、ブログを更新する気満々なのですが、どうもエキサイトブログの調子?私のMac?うちのブロードバンドの具合?が良くなく、「投稿」のページになかなかたどり着けないことがあります。意外と(普段は温厚なイメージを装っている)気が短い私は、イラッときて既に数回、更新を断念したりしています。近頃の言葉で言う、「サクサクっと」動いてもらいたいもの。今日も、ここまでたどり着くのにかなり時間がかかったので、やむを得ず、余談無しで切り上げます。夕飯の後片付けとか、お風呂入ったりとかしなくちゃなのでね。

 
↑レシピもアップしてないのに厚かましく参加中。バナーをクリックしていただくとレシピブログでのランキングがアップする仕組みです。
[PR]
by deliciousspace | 2009-04-09 05:35 | 麺・パスタ系


by deliciousspace
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧